ランキングページ画像
溝口ゆかり
ライターアイコン

「ハンドメイド石けんマイスター」「石鹸のプロ」として洗顔石けんの良さを伝えるためにライター・ディレクターとして活動中です。

肌がキレイになれば生活も明るくなります!皆様の美肌の手助けになるような情報を発信しています。

50代におすすめな洗顔石鹸|年齢肌に洗顔石鹸は効果あり?


50代になると、急にシワやシミが目に見えて目立つようになりますよね。

この年代は肌トラブルが気になりだして、スキンケアを見直そう!と思う方が増えます。

今回はそんな方のために、50代の肌トラブルの原因や解決方法について詳しく解説していきます。

目次

50代で起きがちな肌悩み4つの原因

50dai_0001
50代って、急に肌悩みが増えてくる時期ですよね。

こんな悩みありませんか?

  • シミ
  • 肌のたるみによるシワ・開き毛穴
  • 乾燥
  • オイリー肌

それぞれ、若い時よりひどくなっている・もしくは50代になって急に出てきたという悩みだと思います。

これらの肌トラブルの原因について、詳しく解説していきます。

50代になるとできるシミ「老人性色素斑」は紫外線が原因

老人性色素班とは

老人性色素斑とはいわゆるシミの一種です。褐色から黒色の1cm前後の色素斑であり、主に太陽を浴びることの多い顔や手などに生じます。年齢と共に認める頻度が増え、60代以降ではほぼ必発します。なかには20歳代で色素斑を呈する方もいます。

引用元:メディカルノート

老人性色素班は、主に紫外線からの刺激が原因となってできるシミのことです。

若い内はあまり目立たないのですが、ちょうど50代くらいになるとシミが出はじめます。

最も良い対策は、若いうちから紫外線対策をバッチリしておくことです。

では、シミができてしまったらもう遅いかというと、そうではありません。

できてしまったシミも根気よくケアすれば薄くすることが可能です!

シミを薄くできる洗顔石鹸もあるので、チェックしてみてください。
シミをなんとかしたい50代におすすめな洗顔石鹸を見る!

シワ、たるみ毛穴は加齢が原因!50代の肌は保湿成分が無い!?

人のお肌は年齢とともに、コラーゲンを始めとした保湿成分が減ってしまいます。

50代はちょうど肌のたるみが気になり始める頃。

保湿成分が減ると、肌細胞にうるおいを閉じ込めておけなくなります。

すると肌にハリ・ツヤがなくなり、たるんで、シワや開き毛穴の原因となります。

重要なのは、減ってしまった保湿成分を補ってあげることです。

かといって洗顔がきちんとできていないと古い角質が邪魔をして、美容成分が浸透しません。

実は洗顔石鹸の中にも、年齢とともに減少してしまう保湿成分を含んだ石鹸があるんです!

外からの成分補給をするための下地を作るのと同時に、足りない成分の補給もできてしまう洗顔石鹸は一石二鳥です♪

シミ・たるみ毛穴にお悩みの50代におすすめな洗顔石鹸を見る!

ケア方法が間違っていると肌が乾燥する原因に

50代からは肌自体の保湿成分が減少しているので、若い頃より酷い乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌の主な原因は間違ったケアを続けていることです。

保湿成分の減少したお肌に過度な刺激・負担を与えているとさらに肌が弱り酷く乾燥してしまいます。

ゴシゴシ洗顔や、熱すぎるお湯での洗顔、合成界面活性剤を使った強すぎる洗顔料での洗顔などはデリケートなお顔の肌には刺激になります。

特に、お肌の弱ってくる50代は、洗顔料も低刺激なものを選ぶのがベストです。

乾燥が気になる50代におすすめな洗顔石鹸を見る!

ストレスが原因で50代でもオイリー肌に

50代なのにオイリー肌!?と思うかもしれませんが、こんな悩みも多いようです。

通常皮脂の分泌量は年齢とともに下がってくるものですが、50代を超えてから脂性肌になる方もいます。

皮脂の過剰分泌の原因は、主に心的要因が強いとされています。

特に、この年代になると更年期の関係もあって、自分ではどうしようもないというのも事実。

まずは過度な刺激により肌ストレスがかかっていないかを見直しましょう。

さらに、心もケアするためにご自分の気分が上がる石鹸を使うとよりGOODです♪

オイリー肌の50代におすすめな洗顔石鹸を見る!

50代のシミやシワに有効な5つのケア方法

50dai-0002

50代で気になる肌トラブルは、今までとは少し原因もケア方法も異なります。

「今までと違うケアって何から始めればいいのかわからない…」と感じている方もご安心ください。

50代を迎えた女性にピッタリの、有効なケア方法を5つ紹介します。

ご自分の実践しやすいケア方法から試してみてくださいね。

食生活の見直し

50dai-0004脂質や糖質の多い食事ばかりしていると、ニキビの原因になります。

油や糖質は皮脂の原料になるので必要以上に皮脂が分泌され、ニキビができやすい環境になります。

さらに、50代になると女性ホルモンが減少するので、乱れた食生活をしているとニキビ以外の肌トラブルも起こりやすくなります。

女性ホルモンが低下すると肌が弱って、乾燥、ヒリヒリするなどの様々な肌トラブルを誘発しやすくなります。

食生活の乱れが今までより大きく肌荒れに関係してきますので、まずは油ものや炭水化物を必要以上に摂らないように心がけましょう。

また、女性ホルモンの働きを助けてくれる大豆製品を食事に取り入れるのもおすすめです。

大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、50代の肌を健康に保つことに役立ちます。

スキンケアのために、豆乳、豆腐、納豆などを多く食事に取り入れてみてください。

身体の冷えを改善

50dai-0005
身体が冷えていると、肌を正常に保つための細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が上手く行われません。

血の巡りが悪いために細胞まで血液が行き渡らず、活性化されないので生まれ変わりも滞ります。

50代の身体は女性ホルモンの数が低下するため、体温調節が上手く行われず、身体が冷えやすくなります。

ゆっくりお風呂に浸かる、運動をして体温を上げる、といった方法で血流を改善しましょう。

50代は内側からのケアも重要です。大豆由来のエクオールという成分は体温調節機能を正常にする手助けになるので、サプリメントを活用して摂取するのがおすすめです。

日焼け止めや日傘等の紫外線対策

pixta_32576761_S
紫外線を直接受け続けるとシミの原因となるメラニンができてしまいます。

メラニンは通常、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に合わせて排出されますが、ターンオーバーが乱れるとメラニンが肌に残ってしまい、これがシミになります。

特に50代になるとターンオーバー周期が乱れるため、シミが残りやすくなります。

紫外線ダメージを防ぐためには、日焼け止めクリーム、日傘や帽子、サングラスなどを利用して皮膚に紫外線を直接受けないようにしましょう。

紫外線は太陽が出ていない時でも降り注いでいます。

夏場の晴れている日だけでは無く、曇りの日や、春・秋・冬も紫外線対策をするのがおすすめです。

更に、50代は紫外線を防ぐケアの他に、紫外線ダメージによって生成されてしまったメラニン等を排出するためのケアも重要です。

洗顔やピーリングによってターンオーバーを整えることや、シミの予防に効果的なビタミンC誘導体を含む化粧水や美容液をスキンケアに取り入れることなどが効果的です。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れていると、比例して皮脂の分泌量が乱れるため、ニキビや肌荒れが起きてしまいます。

年齢とともにホルモンバランスは不安定になり、肌のバリア機能が弱まります。

50代になると女性ホルモンの分泌量が減少するため、皮脂の分泌量も低下して乾燥しやすくなります。

ホルモンバランスを安定させるには、ストレスをためないように解消することが効果的です。

50dai-0010

引用元:日経ヘルス 最新医学研究で判明 ストレスが肌状態を左右する

ストレスが溜まっていると肌状態にも影響があるというデータもあるため、ストレス解消はスキンケアにも非常に効果的です。

特に50代におすすめのストレス解消法は、ワクワクするような新しい趣味を見つけることです。

ドーパミンが分泌されると女性ホルモンの分泌を促す機関を通ります。

女性ホルモンにも良い影響があるため、どんどん新しいことにチャレンジしてみましょう!

洗顔料を見直す

50dai-0007合わない洗顔料を使っていると肌が弱り、トラブルを起こしやすくなります。

皮脂の取りすぎ・または皮脂の残しすぎでバランスが崩れると肌のバリア機能が弱まります。

50代は女性ホルモンの分泌量が低下するため、今までとは肌質が変わる可能性があります。

そのため、比較的皮脂の多い20代や30代の頃と同じ洗顔料で洗顔していると、肌荒れの原因になります。

年齢とともに変化した肌質に合う洗顔料に変えることがおすすめです!

50代の洗顔石鹸の選び方4つのポイント

50dai-0003

50代になると、今までと同じ基準で洗顔石鹸を選んでもお肌に合わないことがあります!

ましてや適当に選んだ石鹸で洗顔するなんてNGです!

エイジングケアに役立つ石鹸がどのようなものかをしっかり理解して、自分の肌に合うものを選ぶのが大切です。

では、どんなものを選べば良いのか、洗顔石鹸を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

遅れたターンオーバーをサポートできるものを選ぶ

どうしても年齢とともにターンオーバー周期は遅れてしまいます。

遅れたターンオーバーを正常化させるケアができるのがピーリング石鹸です。

ピーリング石鹸とは

洗顔するだけでピーリングが簡単にできる石鹸のことです。

エステなどで行われるものをケミカルピーリングといいますが、それを優しく、かつ手軽にできるようにしたのがピーリング石鹸です。

効果はエステには劣りますが、お肌への負担が少ないのが利点です。

ピーリングはお肌に刺激が強いことが多いので、できるだけ優しいピーリング成分を使っているものを選びましょう。

グリコール酸、クエン酸、りんご酸などのフルーツ酸は比較的優しくピーリング効果が得られます。

また、天然成分なので、無添加にこだわる方にも安心です。

アンチエイジング効果のある成分が含まれるものを選ぶ

アンチエイジング効果の期待できる石鹸がある事をご存知でしたか?

ヒアルロン酸、コラーゲンなどの年齢とともにどんどん失われていく成分が、石鹸でも補えるんです!

特に、はちみつや緑茶などの成分が入ったものはアンチエイジング効果が高いとされています。

パッケージや公式サイトに効果が表記されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

洗顔石鹸.comではエイジングケアにおすすめな石鹸をまとめているので、気になった方はこちらも見てみてくださいね♪

エイジングケアにおすすめな洗顔石鹸を見てみる!

年齢肌に刺激を与えない、無添加のものを選ぶ

歳とともに弱りがちなお肌ですが、50代になると結構刺激にも敏感になってしまい、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

化学添加物はお肌へ刺激を与える物質の代表格です。

添加物には石鹸を酸化しにくくしたり、香りを付けたりする目的があるため、一概に悪いもの!とは言えないのですが、できれば避けたほうが吉です。

今まで気にしなくてよかったような点にも目を向け始めるのがエイジングケアの最初の一歩です。

無添加処方の、お肌に優しい石鹸でしっかり美肌を手に入れてくださいね♪

更年期の心を癒やす香りのものを選ぶ

この年代はついつい心がゆらぎがちで、お肌にも影響が出やすい時期です。

洗顔石鹸にも、アロマオイルを配合していて、リラックス効果のある石鹸があります。

特にクラリセージやゼラニウムなどは更年期の女性の心を癒やしてくれる効果があります。

アロマオイル配合の石鹸を使えば、わざわざ精油を買わなくても毎日の洗顔でアロマテラピーの効果が得られます。

それに、好みの香りの石鹸を使えば洗顔自体が楽しめること間違い無しです!

お肌を綺麗ケアして、内面も綺麗にしちゃいましょう♪

50代の肌悩みに洗顔石鹸がぴったりな理由

50dai-0009

50代からの肌悩みのケアには、まず洗顔料を見直すことが重要です。

その理由は、3つあります。

  • 肌本来の力が鍛えられる
  • アンチエイジングに効果あり
  • 弱ってしまった肌にも最適

悩みの解決に洗顔石鹸がぴったりな理由を一つずつ解説していきます。

肌が弱った50代…石鹸で素肌力を取り戻す!

素肌力という言葉を聞いたことありませんか?

素肌はもともと、自分で良くなる力を持っています。これを素肌力と呼んでいます。

50代になると素肌力もどんどん弱ってしまい、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

素肌力を最大限引き出すために最も重要なことが、洗顔です!

石鹸は洗浄力が強く、かつ素肌の状態を整えてくれます。

素肌力を取り戻すためには固形石鹸を使うのがおすすめです。

アンチエイジングにもまずは洗顔石鹸

石鹸でアンチエイジングって、あまりイメージが繋がりませんよね。

でも、実は洗顔石鹸はエイジングケアにとても役立ってくれるものなんです。

お顔の血行促進、皮膚の生まれ変わりのサポート、美容成分がきちんと浸透する土台作り…

これらすべてができるのが固形の洗顔石鹸です。

しっかりとした洗浄力を持っている洗顔石鹸は、エイジングケアにも最適です!

若い頃と同じ石鹸だと肌荒れの原因に…

年齢とともに肌質は変化しますので、洗顔石鹸も合わせて変えましょう。

若い頃の肌質に合ったものをずっと使っていると、肌荒れの原因になります。

特に、洗顔フォームはお肌に刺激になる原料を使っていることが多く、年齢肌には強すぎる場合があります。

洗顔石鹸のほうがお肌に優しく洗顔できるのでおすすめです。

定期的にご自分のお肌の調子を見つめ直してみて、合わないなと思ったら洗顔料を変えてみてください。

50代向けの洗顔石鹸には正しい使い方がある!?

50dai-0008
洗顔石鹸には、正しい使い方があります。

間違った使い方をしていると、せっかくの優秀な石鹸も効果が半減してしまいます。

正しい使い方を理解して、石鹸の力を100%引き出してあげられるようにしましょう!

さらに、50代では肌質が変化しますので、洗顔方法も変えるのがベストです。

50代に最適な洗顔方法についても、一緒に紹介します。

洗顔石鹸の正しい使い方

洗顔石鹸の基本的な使い方は以下の通りです。

sekken_tsukaikata

50代のための洗顔方法

50代のお肌は皮脂の分泌量が減っているので、今までと同じ洗顔方法だと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

必要以上に皮脂を取りすぎないために、50代からは朝の洗顔は洗浄料を変えるか、朝はお湯だけの洗顔にすることをおすすめします。

夜は一日活動して、メイク汚れや皮脂汚れがたまっているのでしっかり石鹸で洗い流してくださいね。

朝用の洗顔料は、夜使うものより洗浄力がマイルドな低刺激なものにしてください。

それでもお肌が乾燥してしまうようでしたら、朝はお湯だけの洗顔がおすすめです。

50代の方におすすめ!泡パックでスペシャルケアを

awapaku-0001

50代はターンオーバー周期が遅れているので、普段の洗顔だけでは古い角質汚れが落としきれないことがあります。

泡パック洗顔をして、角質汚れまで綺麗に落としきりましょう!

泡パック洗顔のやり方は簡単です。

  • 普段使っている石鹸でたくさん泡を立てて
  • お顔を包んで30秒〜1分ほど放置
  • 30回以上よくすすぐ

これだけです!

泡パックのあともしっかりいつも通りの保湿をしてくださいね。

お肌に負担をかけすぎないよう週2回程度、皮脂汚れの多く溜まっている夜に行ってください。

過剰にケアしてしまうとかえって負担になってしまいますので、泡パックをする曜日を決めておくのがおすすめです。

50代におすすめの洗顔石鹸を悩み別に紹介

肌悩みが劇的に増える50代におすすめしたい洗顔石鹸を、悩み別に紹介します!

シミ・たるみ・乾燥・オイリー肌の4つの悩み別に、2つずつおすすめの石鹸を集めました。

どうしても少しお高い石鹸ばかりですが、その分効果は大きいものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね♪

シミが薄くなる!?おすすめのピーリング石鹸

50代になると、どうしてもターンオーバーが遅れてニキビ跡が残ってしまったり、紫外線によるシミができやすくなります。

そこで、多少強引にシミを薄くする方法として「ピーリング石鹸」がおすすめです。

ピーリング石鹸なら、不要な角質や肌の表面に溜まった老廃物をゴッソリ取り除いてくれます!

ただ、洗浄力が強い石鹸が多いので天然のピーリング成分が使われているか必ずチェックしましょう。

またアルガンオイルなどの保湿成分やヒアルロン酸などの美容成分が含まれるものを選ぶと更に効果が期待できるでしょう。

では、おすすめのピーリング石鹸を紹介します。

スキンピールバー ハイドロキノール

スキンピールバー ハイドロキノール1
スキンピールバー ハイドロキノールは不要な角質を取り除き、メラニンの生成を抑える効果があります。

使われているピーリング成分はグリコール酸というフルーツ酸の一種です。

天然成分でピーリングができるため、お肌に優しくシミのケアができます。

また、配合成分の1つのハイドロキノンは皮膚科でのシミ治療に使われる成分です。

ハイドロキノンはシミの原因のメラニン色素を作る細胞の活動を停止させ、減少させる働きがあります。

この働きによって、シミを原因から予防することができます。

スキンピールバー ハイドロキノールは安全性及び効果が認められ、医療機関でも使われている石鹸です。

スキンピールバー ハイドロキノールの体験レビューを見る
サンソリット スキンピールバー ハイドロキノールでシミやくすみが消える!?

素肌の季節

suhadanokisetu
素肌の季節は天然のW成分によるピーリングでシミを薄くできる石鹸です。

グリコール酸で古い角質を浮かせ、アンズ種子スクラブで絡め取って洗い流します。

さらに、エイジングケアに効果の高いアルガンオイルを配合しています。

アルガンオイルには紫外線から肌を保護する効果、メラニン色素の生成を抑える効果があります。

こだわって選ばれた天然成分で手軽にケアができる石鹸です。

たるみ改善におすすめ!保湿成分配合石鹸

シワや、ぱっくり開いた毛穴の原因となるお肌のたるみ。

50代になるとどうしても肌自体の保湿成分が減少してしまい、たるみがちになってしまいます。

洗顔石鹸は保湿成分の配合されたものを使うのがGOOD。

おすすめの石鹸を2つ紹介します。

ガミラシークレットオリジナル

gamira-50-0001

ガミラシークレットは、高い保湿力を持つことでおなじみのオリーブオイルがたっぷり使われた石鹸です。

なんと、配合成分の約80%はオリーブオイル!

保湿美容液としても使えるくらい、優れた保湿力を持っています。

竹塩石鹸Premium

takeshio-50-0001
竹塩石鹸プレミアムは酸化した物質を元に戻す、還元作用をもっている「竹塩」を使った石鹸です。

米ぬかエキス、オリーブオイルといった保湿成分もふくまれており、乾燥を防ぐのにも非常に効果があります。

たるみを原因としたシワ・毛穴の開きだけではなく、年齢肌の様々な悩みにアプローチできる石鹸です。

年齢肌を傷つけない無添加・低刺激な石鹸

敏感になってしまったお肌にも刺激にならず、お肌をケアできる石鹸を2つ紹介します。

完全無添加にこだわり、優しく保湿してくれるので、弱ってしまったお肌にも最適です!

アモソープ

アモソープ 洗顔せっけん1
アモソープ洗顔せっけんは、完全無添加にこだわった、年齢肌にも刺激を与えない石鹸です。

最強のエイジングオイルと呼ばれるアルガンオイルが使用されており、エイジングケアに非常に効果的です。

高い抗酸化作用、保湿力、お肌を柔らかくする効果を持ち合わせている上に低刺激アルガンオイルは年齢肌のケアにもってこいです。

お肌に刺激を与えないだけでなく、肌トラブルの改善にも効果が高い石鹸です。

VCOマイルドソープ

cocolarme
VCOマイルドソープは、乾燥しがちな50代のお肌におすすめしたい石鹸です。

人の皮脂に似ているヴァージンココナッツオイルをメインに作られている完全無添加石鹸なので、お肌に余分な刺激を与えません。

クリームのようになめらかな泡が簡単にたてられるので、ゴシゴシ洗いをする心配もなく優しく洗顔ができます。

成分だけでなく、洗い方でも低刺激な洗顔ができる石鹸です。

VCOマイルドソープの体験レビューを見る!
VCOマイルドソープの効果は信用できない?成分を徹底解説!

気分を上げてオイリー肌も改善!心のケアもできる石鹸

50代からのオイリー肌の原因は、ストレスによるところが多くをしめます。

どうしてもこの年齢はホルモンバランスが崩れやすく、気分もゆらぎがちになってしまいます。

お肌のケアをしながら気分も上がるような石鹸を2つ選びました!

毎日の洗顔でお肌も心も癒やされてくださいね♪

シャネル ル ブラン ソープ

syaneru-0001
ご存知、有名ブランドシャネルの石鹸です。

シャネルの石鹸というだけでテンションが上がりますが、なんと、シャネル ル ブラン ソープはメイク落としもこの石鹸一つでできてしまうスグレモノなんです!

クレンジング+洗顔のW洗顔だと、どうしても肌に刺激を与えやすいので、お肌のためにもおすすめです♪

シャネル ル ブラン ソープの体験レビューを見る!
シャネル ル ブラン ソープはメイクも落とせる優秀な洗顔石鹸!

ペネロピムーン マーシャ

penelopi-0001
たっぷりの泡でこすらずに優しく洗顔できるペネロピムーン。

見た目がオシャレでテンションが上がりますが、なんとそれだけではないんです。

ペネロピムーン マーシャはホルモンバランスを整えたり、リラックス効果のあるアロマが3種類配合されています。

まさに50代のケアにはピッタリの石鹸です♪

まとめ

50代は急に肌トラブルが深刻化する時期です。

エイジングケアを始める時期は早ければ早いほど良いので、早速洗顔石鹸でのスキンケアを考えてみてはいかがでしょうか?

これから石鹸でのスキンケアを考えている50代の方は、こんな点を意識して洗顔石鹸を選んでみてください。

  • ターンオーバー周期を整えるサポートができるか石鹸か
  • アンチエイジング効果があるか
  • 天然素材が中心の石鹸か、化学添加物無添加か
  • 癒やされる、好みの香りかどうか

エイジングケアのためには、この4つの点に注意して石鹸選びをしてみてくださいね♪

洗顔石鹸.comでは多くの石鹸を実際に購入、使用し効果を検証しています!

エイジングケアに効果のある石鹸も多数使ってレビューしています。

この機会にぜひ体験レビューも見てみてください♪あなたに合う1個がみつかれば幸いです!